早期のうちに徹底的に|スズメバチの巣は発見したら即駆除|危険な虫は専門業者に任せる
住宅

スズメバチの巣は発見したら即駆除|危険な虫は専門業者に任せる

早期のうちに徹底的に

鳩

住み着いた場合の被害

鳩にはインフルエンザウイルスがついていることがありますし、その糞には多くの場合、食中毒の原因となるサルモネラ菌が混ざっています。つまり鳩が人の生活エリアに住み着いた場合、周囲に住んでいる人々は健康維持が困難になるということです。もちろん、見た目や匂いにおける問題も発生します。さらに、鳩にはダニが寄生していることがあるので、住み着くことを許すと、ダニ被害が発生するリスクが高くなります。しかも鳩は寿命が長く、20年ほど生きることもあるので、こういった被害は長年続くことになるのです。したがって生活エリア内で鳩の群れを見かけた場合には、早急に駆除会社に連絡し、徹底的に駆除してもらう必要があります。駆除は、開始が早ければ早いほど、短期間および低料金で完了します。

作業内容や保証

駆除会社による駆除では、忌避剤や防鳥ネットが使われます。まずは忌避剤を広く散布することで、住み着いている鳩を飛び立たせます。そして一羽も残っていない状態にしてから、防鳥ネットを設置することで、侵入できない状態にするのです。現場に残された糞に関しては、ウイルスや菌をしっかりと除去できる強力な消毒薬で洗い流します。ダニが発生していた場合も、この消毒薬で一緒に除去されるので、その場の衛生状態は格段に良くなります。また、鳩は場所に固執する性質のある鳥なので、駆除後にもしつこく侵入してこようとします。万が一侵入してきた場合には、再び上記の被害が発生することになるので、駆除会社の多くが数年程度の保証期間を設けています。保証期間内に被害が発生した場合は、再度の駆除が無料でおこなわれます。

Copyright © 2017 スズメバチの巣は発見したら即駆除|危険な虫は専門業者に任せる All Rights Reserved.